株式会社向井電器商会

寝屋川市の香里園駅スグ近く。電気製品に関するご相談・修理はもちろん、ガス・水道・リフォームの事や電気工事のことまで 何でもお任せください!

星のソムリエ

6月の星空情報✨

更新日:

6月の星空情報です😊
6月は、部分日食を楽しむチャンス✨
日食グラスで、太陽が欠けていく様子を観察してみませんか?

星図は、アストロアーツ様ホームページより★ アストロアーツHP

6/6(土)   半影月食・満月

6/8(月)  月と木星が接近

6/13(土)  月と火星が接近・下弦の月

6/21(日) 部分日食・新月
部分日食(アストロアーツHP)

6/28(日) 上弦の月

6月の星空✨
夜空を眺めて星座を探してみよう!


おおぐま座の悲しい神話のお話★

みなさん、夜空に輝く北斗七星を見つけたことはありますか?
北斗七星は、星座ではなく、おおぐま座の腰からしっぽにかけた部分なんです。
春の夜空に輝くおおぐま座は、全天の星座の中でも3番目に大きな星座です。

さて、その名の通り、大きなクマの姿をしているおおぐま座、、、
元々は月の女神アルテミスに仕えるとても美しいカリストという名の女性でした。
ある新月の夜、全知全能の神ゼウスが美しいカリストに近づきます。
カリストは、アルカスという名の男の子をゼウスとの間に授かります。
それを知ったゼウスの妻、ヘラは激怒し、カリストを醜いクマの姿に変えてしまうのです。
美しい姿と声を失ったカリストは悲しみ、森に隠れてしまいます。
何年も経ち、アルカスは立派な青年に成長します。アルカスは、狩りに出かけた時に一匹の大きなクマに出会います。
カリストは嬉しくて、アルカスに近づきますが、母とは知らないアルカスは、矢を放とうとします。
その瞬間、ゼウスはカリストを守るためにしっぽをつかみ、夜空に舞い上げたのです。カリストをかわいそうに思ったゼウスは、息子のアルカスも夜空に上げて、二人はおおぐま座とこぐま座になって仲良く夜空で過ごしています。

神話にゼウスがよく登場しますが、、、恋多きゼウスに近寄られた女性たちは不幸になることが多かったような(´;ω;`)
上の星座図をよく見ると、おおぐま座とこぐま座の姿に少し違和感を感じませんか?
ゼウスに空に向かって投げられた時にカリストのしっぽもアルカスのしっぽも長く伸びてしまったのだとか・・・
クマにしてはしっぽが長いですものね。来月も波瀾万丈の神話を交えながら星空情報をお伝えします✨

★北斗七星を目印に”北極星”を見つけてみよう💗
 空を眺めると、、、星々は、北極星を中心に回っています。
こぐま座のα星のポラリスを北極星と呼んでいます。
おおぐま座の中にある北斗七星の柄杓(ひしゃく)の底から淵に向かった距離を5倍伸ばしたところにある星が、北極星です😊
こぐま座のしっぽの先に位置しています。

こちらの画像はステラリウムの星座図を使わせていただきました。
少しユニークな描写の星座図が、私のお気に入りです💗
ステラリウムは、無料のプラネタリウムソフトです。
ステラリウムHP

-星のソムリエ

Copyright© 株式会社向井電器商会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.